上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
平成25年10月10日午後2時~
武蔵小杉にあるユニオンビル2階のセミナー室にて、
税理士法人髙木会計事務所主催・TKCグループの経営支援セミナー
「会社を強くする3つのSTEP」が行われ、
私も、講師として参加してきました。

(税理士法人髙木会計事務所のHPでの案内はこちらです)
     ↓
http://www.takagikaikei.co.jp/


髙木会計事務所は、今年の5月から
顧問弁護士として法律相談の仕事などもさせて頂いており
そのご縁で、セミナー講師を依頼されたものです。

「会社を強くする3つのステップ」というタイトルでしたので、
色々と講演内容について考えた結果、
「債権回収」がふさわしいだろう、ということで、
「会社を強くする債権回収のノウハウ」
というタイトルで講演させて頂きました。

 セミナー資料の表紙はこちら
    ↓
20131011_111727.jpg

その日、3つ目のセミナーであったにも関わらず、
皆さん、熱心に聞いて頂き、本当に良かったです。
(講師をしていて、会場の人と目があうと嬉しいものなんですよね)

個人的に、セミナーをする際に心がけていることとしては、
最低限、1つ2つは役に立つお土産を持って帰って貰う
(来て良かったと思って貰う)、
ということです。

来週にも、一般市民向けに、
遺言の大切さについて語る講演会もあります。

こうした講演会をさせて頂けるというのも何かのご縁ですので、
今後とも、セミナー講師などの話があれば、積極的に受けていきたいと考えております。

--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2013.10.11 Fri l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10月5日(土)溝の口駅構内において、
川崎北部・六士業合同無料相談会が開催されました。

20131005_103751.jpg

チラシはこちら
   ↓
http://gyoseiblog.up.seesaa.net/image/h24_6shigyo.pdf

六士業とは、
弁護士会・司法書士会・税理士会・土地家屋調査士会・行政書士会・社労士会
の6つの士業を指すもので、
各士業の専門性を生かして、該当でワンストップ相談をして、
市民の皆さんのお役に少しでも立とうという企画です。

あいにく当日は、雨でしたが(写真も暗くなってしまいました)、
弁護士会のブースには40名近くの相談者の方がいらっしゃり、
相談を受けることができました。

ともすれば、我々弁護士は、
個人情報などの問題もあるので、街頭での相談ということには、
少し消極的な面もあるのですが、
相談者の方が気にしないのであれば、こういう方法もありだな、と改めて思いました。

また、弁護士会の中でも普段、あまりお会いしない方も相談者として来てくれて、
その後の懇親会なども大変盛り上がりました。

ちょっといいことをした後のお酒は大変おいしいものです♪

武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/


--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
2013.10.07 Mon l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日、1年半にわたって無罪を争ってきた裁判の判決がありました。

これから控訴予定なので、あまり詳しいことは書けませんが、
裁判所の最初から結論ありきの認定のひどさに、正直失望しました。
(検察官でさえ恥ずかしくて主張できなかった証言の信用性を真っ正面から認めるなんて・・・
私の感覚からすればあり得ません・・・)

刑事事件、特に否認事件をやればやるほどむなしくなって、
刑事事件がドンドン嫌いになっていきます。


その事件の数日後、ある窃盗事件の被疑者弁護をすることとなりました。

依頼があったその日(勾留初日)のうちに接見に行き、
翌日に、被疑者のお父さんと奥さんとにあい、
さらに翌日に、被害者とあって、示談成立。
示談書を検察官に提出したら、わずか勾留4日目にして無事、釈放されました。

被疑者は、早く社会に出ないと色々な弊害がある立場にあったため、
少しだけ、「いいことをしたな~」という感慨に浸っています。

たまにこういういいことがあるから、
刑事事件はやっぱり辞められないんですよね。。。






武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/
--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2013.03.26 Tue l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
長谷山です。
寒くなってきましたね!

平成21年1月に、弁護士1名、事務員1名で始まった当事務所も
開所から4年間を経過して、
弁護士4名、事務員3名となり、事務所の場所もだいぶ、手狭になりました。

なので、現在、事務所の移転を考えております。

現在、平成24年12月1日を目処に、事務所移転を計画しております。

事務所名が「武蔵小杉あおば法律事務所」なので、
当然、武蔵小杉にて、移転先を検討しております。

引っ越しは色々と準備が大変ですが、色々と考えるのが楽しいという側面もあります。

正式に移転先が決定しましたら、皆様にご連絡さしあげますね。

--------------------------------------------------------
武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/
--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
2012.10.30 Tue l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
長谷山です。
珍しく、まじめに法律問題について検討します。


朝日新聞の5月22日付の社説

「強制起訴制度―導入の原点に立ち返る」に対して、違和感を覚えています。

(詳しい記事は、http://www.asahi.com/paper/editorial20120522.html#Edit2 をご覧ください)

確かに、民意の反映という観点から、
検察審査会という制度自体をなくしてしまうことは望ましいとは思いません。

もっとも、検察審査会のあり方については、より謙抑的であるべきと考えています。

この社説でも、起訴される側の負担にも配慮すべき、という文言はありますが、

実際には、今の日本では起訴されると、それだけで、

「被告人」というありがたくない名称をつけられてしまい、

仮に、無罪となったとしても、なんとなく証拠が不十分で有罪とは認められなかっただけで、

グレーな印象を持たれ続けることになります。

また、有罪の恐怖と戦いながら、

法廷で戦っていくというのも、心身ともに非常に厳しいものがあります。


個人的に、小沢さんの件については私は詳しくは知りませんし、

それを判断すべき資格もありませんが、

小沢さんがけしからん 
→ 検察が権力に負けて起訴しないのではないか?
→ だからこそ、多少無理筋であっても、
 公判廷で白黒つけるべく検察審査会が動くべきである、

というような流れになっていたのだとしたら、とんでもないことだと思っています。



現在、私は、無罪を争う否認事件を1件だけ持っていますが、

その事件でも、被告人の負担は非常に大きいものがあります。

その事件は、検察審査会とは関係のない事件ですが、

安易に裁判所で真実を明らかにしよう、というような姿勢で、起訴がなされるようになると、

被告人の負担は大変なことになる


ということを、一人の弁護士として主張していきたいと思います。

ちょっと興奮してしまいましたので、この辺で。

--------------------------------------------------------
武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/
--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


2012.05.24 Thu l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。