上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
弁護士の長谷山です。
久しぶりに読書の話題です。

父親の50年来の親友Oさんの紹介で、
「フェルマーの最終定理」を読んでみました。

61DWxm34PhL.jpg


読むまではちょっと、「数学に関する本なんて」と取っつきにくかったのですが、
読んでみると、これがまた面白い!

自分の無知をさらすと、
私は、勝手に、「昔、フェルマーさんというおじいさんの数学者がいて、
ある難題を証明できたんだけど、余命いくばくもなく、証明を書かなかったのかな?」
なんて思っていたのです。

しかし、あに図らんや、フェルマーさんはこの問題に限らず、
問題は示すが、解法は示さないというやり方をずっととっていたそうです。

(証明がとけたことに満足して、
そもそもこの証明を後世に残すつもりすらなかったということにビックリしました)

それにしても迷惑な人ですよね~。
フェルマーさんの出した定理が証明可能ということすら分からないまま、
その後、3世紀くらい多くの数学者の頭を悩ませたのですから。

でも、そうした難問だからこそ、
それを最終的に証明するまでのドラマがまた感動を呼ぶのです。


あまり詳しく書いてネタバレになっても良くないので、
ぜひ、騙されたと思って、一読してみて下さい!

算数は得意だったけど、数学は高校3年生で断念して、
理系を諦めた私でも楽しく読めましたので、ご安心下さい。




武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/


--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013.07.12 Fri l 読書 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mskaobalaw.blog137.fc2.com/tb.php/145-eaddf2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。