上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
GWに入って少し時間が出来たので、
以前から見たかった英国王のスピーチをDVDで見ました。

最近、私も、ラジオに出演させて頂いたり、セミナーの講師をさせて頂いたり、
また、役職柄、色々な局面でスピーチをすることが多いので、
王のスピーチをする前の緊張感については、共感するものがありました。

私は、緊張すると、つい早口になる傾向があるので、
意識してはいるのですが、なかなか、こればかりはうまくいきません。
この映画のライオネルようなセラピストがいれば嬉しいのですが・・・



他方、依頼者が王であると分かった後も、
できるだけ対等の関係を結ぼうとしたセラピスト・ライオネルの側の気持ちも少し分かります。

我々、法律家も、依頼者との間に信頼関係がないと、
結局は、うまくいかないことが多いものです。
そのためには、たとえ、相手が社会的に地位のある人であっても、
対等に近い立場で対応しなければならない場合が多いにあります。


見終わった後も、感動の残る非常に素晴らしい映画でしたが、
また、色々と考えさせられる映画でもありました。

時間がありましたら、ぜひ、皆さんもご覧になってください。

武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/


--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014.05.01 Thu l 趣味 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mskaobalaw.blog137.fc2.com/tb.php/169-1558ed43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。