上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
私は、平日は、毎朝6時~6時30分くらいまでの間に起きて、
通常、午前8時前(早いときには7時過ぎ)には、事務所に入ります。

夜型の多い弁護士業界において、かなり早起きの部類に入る方だと思います。

そこで、何回か早起きの効用について述べていきたいと思います。


弁護士の多くは、
日中は、裁判や弁護士会の会務等で外出していることが多いです。

事務所にいるときも、電話等がひっきりなしになるので、
日中は、ゆっくりと書面を作る時間等がなかなか出来ません。

そこで、裁判所に提出する書面などを作成するため、
夜遅くまで仕事をする弁護士が多くなります。
(しかも、終わりが決まっていないとついダラダラと遅くなってしまいます)

しかし、こういう生活をしていると、
必然的に、普通の生活をしている家族等とのすれ違いが多くなります。

私個人の感想ですが、弁護士の業界では離婚する人が比較的多い感じがします。
それも、この夜遅くまでの生活の弊害ではないでしょうかね?

早起きをして、夜は、家に普通の時間に帰る。

これが、家庭生活円満のための第一歩だと思います(早起きの効能その①)


続きは、次回以降で。

--------------------------------------------------------
武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/
--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2010.12.09 Thu l 日々の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mskaobalaw.blog137.fc2.com/tb.php/21-73c8e3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。