上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
これから何回かに渡って、
神奈川県内における法テラス・スタッフ弁護士の配置について述べていきたいと思います。

といっても、前提として、法テラスが何か、スタッフ弁護士が何か?
ということについて分からないと、理解しにくいかもしれません。

そこで、まず、法テラス・スタッフ弁護士について説明していきます。

法テラスとは・・・

法テラスHPによれば、以下のように説明されています。
http://www.houterasu.or.jp/houterasutowa/
以下、引用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「借金」「離婚」「相続」・・・さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、
「だれに相談すればいいの?」、「どんな解決方法があるの?」と、わからないことも多いはず。
こうした問題解決への「道案内」をするのが私たち「法テラス」の役目です。

全国の相談窓口が一つになっていないために情報にたどりつけない、
経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができない、近くに専門家がいない、
といったいろいろな問題があり、これまでの司法は使い勝手がよいとは言えないものでした。

そうした背景の中、刑事・民事を問わず、
国民のみなさまがどこでも法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしようという構想のもと、
総合法律支援法に基づき、平成18年4月10日に設立された法務省所管の公的な法人。
それが、日本司法支援センター(愛称:法テラス)です。

お問い合わせの内容に合わせて、
解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を
法テラス・コールセンターや全国の法テラス地方事務所にて、無料でご案内しています(情報提供業務)。

また、経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、
無料法律相談や必要に応じて弁護士・司法書士費用などの立替えを行っています(民事法律扶助業務)。

このほか、犯罪の被害にあわれた方などへの支援(犯罪被害者支援業務)等、
総合法律支援法に定められた5つの業務を中心に、公益性の高いサービスを行っています(ほかに司法過疎対策業務、国選弁護等関連業務があります)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうですか。

この説明を聞くと、非常に素晴らしい制度のようですね。

もっとも、この法テラスについては、弁護士会の中からも、かなり批判的意見が多いことも事実です。

これについては、何回か後に述べていきたいと思います。

長くなりましたので、今日はこの辺で。

--------------------------------------------------------
武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/
--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011.01.22 Sat l 弁護士過疎 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mskaobalaw.blog137.fc2.com/tb.php/36-0dd42405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。