FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
すでに被害にあった現地に入ったり、関東などの避難所に行ったりして
相談を行っている弁護士から、続々と連絡が入っています。

それによれば、現時点で、被災者の方のニーズが高いのが、
役所などの手続きをどうすれば良いのか?
どうすれば見舞金などを受け取れるのか?
という情報のようです。

私も含めて、多くの方が情報発信しているので、
そうしたものが、少しでもお役にたてるといいのですが・・・

今回もトスネット通信から、転送いたします。


1.現在の避難先(避難所)の届出はお済みでしょうか?

(1)市町村への連絡 
各市町村では、各種手続きに必要となる「罹(り)災証明書」の発行などの事務手続きを行っていますが、
避難先がわからないと、連絡に支障が生じます。
 また、報道によると、福島県は義捐金をもとに1世帯あたり5万円の支援金の支給を決めたとのことですが、
支給対象世帯のリストを各市町村がまとめることになっているため、
スムーズに支給を受けるには避難先を届けておく必要があります。
 居住地の市町村の災害対策本部に連絡をして、避難先を知らせておきましょう。

(2)郵便局への届出
 郵便局では、被災者の皆さんに避難先の届出を呼びかけています。
 届出をしておけば、郵便物が避難先へ転送されるので、便利です。

2.福島銀・大東銀などの預金が他行で下ろせるようになりました。

(1)福島銀行・大東銀行など5行の取扱い 
きらやか銀行、北日本銀行、仙台銀行、福島銀行、大東銀行の5行に預金をしている被災者の方は
、預金通帳や印鑑などがない場合でも、全国102の銀行で本人確認ができれば払い戻しに応じます。
払戻金額の上限は1日10万円です。
 この取扱いは、4月8日までにスタートします。
 問い合わせ先 福島銀行お客様相談所 0120-294-091 (9~17時)
        大東銀行総合相談窓口 024-925-1111 (9~17時)

(2)東邦銀行・常陽銀行の取扱い 
東邦銀行、常陽銀行は都内の各支店のほかにも、
協力を受けた他行で預金を下ろせるようになりました。くわしくは各行の相談窓口にお尋ねください。
 問い合わせ先 東邦銀行:024-541-2181、常陽銀行:0120-001-769

3.最後のセーフティネット ~ 生活保護を知っていますか?

(1)震災で仕事ができず、生活が苦しいです。どうしたらいいのでしょうか?
 生活保護は、健康で文化的な生活を保障する最後のセーフティネットです。
災害救助法の適用を受けていても受けていなくても、最低限度の生活が維持できないときには、
生活保護を利用できます。
 生活保護の申請は、現在いる避難所や仮設住宅を管轄する福祉事務所で申請することになります。

 この点、さいたま県で誤った運用がなされていたということですが、
即刻、指摘された結果、生活保護を速やかに適用する方向に切り替わったとのことです。

(2)持ち家や自動車があるのですが… 
資産の活用が要件となっていることから、不動産(居住用不動産は保有が認められています。)や
自動車(保有が認められる場合もあります。)の処分ができるようになったときには、
福祉事務所から処分するように求められます。
処分して収入があったときにはこれまでの生活費を返さなければならないおそれがあり、
利用をためらう場面もあると思います。
 しかし、今後、特例的に運用が変更される可能性もありますので、
現実に他の施策を利用しても生活ができないときには、
生きることを優先して生活保護の利用を検討しましょう。

(3)申請に問題が生じたときは、どこに相談すればよいのでしょうか? 
福祉事務所が生活保護の申請を受け付けてくれない、生活できないのに保護が開始にならない、
などの問題が生じたときには、下記の法律家団体に電話をして法律家の紹介をうけてご相談ください。

 首都圏生活保護支援法律家ネットワーク 048-866-5040


--------------------------------------------------------
武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/
--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2011.04.04 Mon l 東日本大震災 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mskaobalaw.blog137.fc2.com/tb.php/64-976a2439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。