上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
読売新聞オンラインより
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110524-OYT1T00555.htm

茨城県利根町布川(ふかわ)で1967年に起きた「布川事件」で、強盗殺人罪などで無期懲役の判決が確定した桜井昌司さん(64)と杉山卓男さん(64)(ともに96年仮釈放)の再審判決が24日、水戸地裁土浦支部であった。

 神田大助裁判長は「捜査段階の自白を支える有力な補強証拠が見あたらず、(自白の内容も)信用できない」などとして、2人に対し、強盗殺人について無罪(求刑・無期懲役)を言い渡した。

 逮捕から43年余を経た無罪判決。戦後の事件で無期懲役か死刑が確定した後、再審で無罪を言い渡されたのは、昨年3月の「足利事件」に続き7件目(7、8人目)となる。

 昨年7月に始まった再審公判では、確定審での有罪を支えた2人の「自白」と、現場近くで2人を見たとする目撃証言の信用性が焦点となった。

 判決で神田裁判長はまず、「犯行現場で2人の指掌紋や毛髪は採取されておらず、(2人と犯行を結びつける)客観的証拠は存在しない」と指摘。さらに、一連の目撃証言について「供述経過や内容、視認条件から信用性に欠ける」などとした。

 その上で、2人の自白調書について、犯行そのものや重要な事項の全般にわたり変遷があること、客観的事実に照らして不自然な点があること、2人の間でも相違点があることなどを理由に、「(自白調書は)信用性を肯定できない」と指摘。さらに「捜査官らの誘導により作成されたものである可能性を否定できない」とも述べた。

 弁護側は再審公判で、捜査段階で犯行を認めた2人の供述について、現場の状況と矛盾していることなどから誘導によるものと主張。検察側は「重要な部分は一貫し、迫真性がある」などと主張していた。

 再審公判で、検察側は新たな有罪立証の柱として、被害者の首に巻かれた下着など4点のDNA型鑑定を請求したが、神田裁判長は「鑑定実施の前提条件が欠けている」などとして却下。検察側は従来の証拠での立証を余儀なくされていた。

 桜井さんは窃盗、杉山さんは暴行などの罪にも問われており、判決では、それぞれ懲役2年、執行猶予3年を言い渡し、強盗殺人について無罪とした。

(以上、引用終わり)

布川事件については、私がまだ受験中だった10年以上前に、
えん罪問題に関するシンポジウムで、桜井さん、杉山さんの話を聞く機会があり、
それ以来、関心を持っていました。

無事、今回、再審で無罪を勝ち取ることが出来て何よりです。

えん罪というのは決してあってはならないことです。
今後は、こうした事態が起こらないよう
やはり、取り調べの全面可視可などを進めていくべきだと考えています。

--------------------------------------------------------
武蔵小杉あおば法律事務所 弁護士 長谷山 尚城
HPはこちら
http://msk-aobalaw.com/
--------------------------------------------------------

最後に、弁護士ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックして応援して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011.05.25 Wed l 仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mskaobalaw.blog137.fc2.com/tb.php/78-7d3fa0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。